「この不安があるなかで、自分は何ができるだろう」 と考え出したとき、人は動き出す

「この不安があるなかで、自分は何ができるだろう」

と考え出したとき、人は動き出す



なくならないものを、なくそうと思ってはいけない。

ムリがかかって自分が苦しくなるから。


不安をイヤだと思っても、なくならないものは、なくならない。

それをイヤだと思うと同時に、苦しみがやってくる。


だから、私は、これをおもしろいと思う。


不安を利用して人生を楽しむしかない、と思っているんです。


イヤだと思っているだけでは、何も生まれないけれど、

「この不安があるなかで、自分は何ができるだろう」

と考え出したとき、人は動き出す。

現実が変わるんです。


人間というものは本当に不思議なもので、

不安があるのが普通だと思うと、

意外と不安がなくなるものなんです。











斎藤一人著「斎藤一人しあわせセラピー」抜粋

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム