「気の迷い」にスイッチが入ると結婚する

「気の迷い」にスイッチが入ると結婚する



「気の迷い」にスイッチが入ると

脳から特殊なホルモンが出る。


このホルモンが出ると、脳が一時的に錯乱してしまう。

私はこのホルモンを “ヘナモン” と呼んでいます。


この “ヘナモン” というホルモンは不思議なもので

相手が変な人であればあるほど、分泌量が増えるのです。

結婚するとこの “ヘナモン” が徐々に減り出す。


目が覚めて、相性の悪い人間と

一緒になってしまったことに気がつく。


どういうことかというと、たいがい相手は

自分が嫌がることをするのね。


ゴロゴロされることがキライな人には

相手がゴロゴロする。


ヤキモチを焼かれることがキライな人には

ヤキモチを焼く。


束縛されることがキライな人には、束縛します。






斎藤一人著「斎藤一人しあわせセラピー」抜粋

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム