心が痛いのは大切なことを受け取っている証拠

人生でころべば、誰だってつらい思いをします。

悔しかったり、情けなかったり、怒りが込み上げたりします。

それで、心がズキズキと痛みます。

だけど、もしあなたが人生でころんだら、そのまま地べたにはいつくばって

目を凝らして辺りを見回しましょう。

目に触れたものに自分を映しだして、じっくり観察するんです。

そうすれば、普段はうっかり見過ごしていることに、

きっと気づくから。

順風満帆のときは、だれだってころばないで進みたいと思うけれど

それでもころんだときは、一度立ち止まって自省する必要があるんです。

きっと、その時点で改めるほうが、もっと大きな幸せを手にできるから。

人間的にも、もっと成長できるからです。

自分が納得できる”気づき”を得てから、ゆっくり立ち上がりましょう

これが、どんな悲惨な目に合っても運気をなくさない方法です。

                       著者不明

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム