傲慢と謙虚


何かを頼まれたとき、「私には力がないのでとてもできません」

というのを「傲慢」という。

「ありがとうございます」とお礼を言って、自分の今の持てる力で

やっていくことが「謙虚」

あるとき、字が下手な方に「字を書いてほしいと頼まれたら引き受けたほうがいいですよ」

と提案したことがあります。

その方は「頼まれることは多いのですが、まだまだ下手なのでお断りしています」

とおっしゃっていましたが、私は「それはおごり、高ぶりの一種ですよ」といいました

下手かうまいかなんて、自分が決めることではありません。

自分で「未熟だ」と言って断っているとしたらこれは「傲慢」ということになるでしょう

頼まれごとは「ありがとうございます」と「謙虚」にやっていけばいいでしょう。

難しい頼みごとを持ち込まれるのは「できないことで何でも引き受けてやっちゃうぞ」

という気迫を放っているからではないでしょうか。

私は「10キログラムの荷物をもってくれ」と言われたら「できない」といいます。

人には「できないこと」と「できないこと」があります。

わたしは「できないこと」に「できる」とはいいませんから

「できないこと」自体を頼まれることはほとんどありません。

頼まれごとがあったら、今持っている力で「できること」をやればいい。

とても単純な事ではないかと私は思います。

                                    著者不明

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム

当院について

院長プロフィール

院長 榮 純也

国家資格:柔道整復師
民間資格:整体師-カイロプラクター

症状別ページ

営業日カレンダー

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2-1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日も午後6:30まで受付
※月曜のみ休診

ご予約・お問い合わせは

『ホームページを見て』と、今すぐお電話ください

からご予約・お問い合わせ出来ます!

ja.png
S__4497413.jpg

Homepage Designed by TLWorks

© 2018 わかば整体院 All Right Reserved.