ふりで現実を変えた男


大阪難波にて、男は小さなお好み焼き屋をはじめました

しかし、お客さんがきません。

暇。暇。暇。

「どうしよう?」

「どうすればお客さんはくるんだろう?」

とりあえず、男は自転車に岡持をさげて、

近所を忙しく走りまわりました。

とにかく走り回った。

来る日も来る日も走り回りました。

お客さんはこないし、暇だから、全力で走り回りました

すると、町の人たちは

「あの店は出前が頻繁にある店だな」

と思うようになりました

するとしばらくして、客が殺到し始めたのです。

それから30年が経ち、この店「千房」は

従業員数600名近くを擁する

日本一のお好み焼き屋になりました

男の名前は、中村政嗣さん。

いそがしいふりをして、日本一忙しい現実を

作り出した男。

                 ひすいこうたろう

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム