「ありがとう」だけじゃなくて「有難う」っていえたらいい

2018/06/10

 

なにかしてもらったら”お礼”をいうのは当たり前ですが、

困難や災難にあったときあなたは「ありがとう」といえますか?

 

「ありがとう」を感じにすると「有難う」になります。

語源は、めったにない(有難し)ということなんですが

「難が有る」と書いてありがとうと読むことに私は別の意味を感じます

 

人間は、困難を乗り越えようとするときに多くを学んで躍進します

そうやって自分を磨いていくことが、人間に生まれた最大の使命かもしれません

 

だから、あなたが人間として成長を遂げたいと願えば

”災難はまたとないチャンス”になるんですね

 

人生でたいへんな事態に陥ったら

「今、自分には、この問題を乗り切れる力が与えられたんだ」と考えましょう

「有難う。ありがとう。有難う・・・」と心が静まるまでくり返してください

 

そうすれば、きっと怖くなくなって勇気が湧いてくるから。

 

 

 

 

                                著者不明

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

Please reload

院長コラム

Please reload

当院について

院長プロフィール

院長 榮 純也

国家資格:柔道整復師
民間資格:整体師-カイロプラクター

症状別ページ

Please reload

営業日カレンダー