そんなに忙しくしないで心が悲鳴をあげている

「忙しい、忙しい」と動き回っている自分に知らないうちに

起こっていることを考えてみましょう

あの時、ふと空を見上げれば夕焼けが一面に広がっていたのに・・・

あの時、ふと目を落とせば道端にかわいい花が咲いていたのに・・・

あの時、あなたと話したがっていた人の寂しげな顔が

すぐ近くにあったのに・・・なにひとつ目に入りませんでしたか?

あの日、親切に言ってくれた忠告も聞き流していませんでしたか?

自分のまわりに吹く”優しい風”にも気付かないであなたは

どこへいこうとしているのでしょう。

あなたが今していることは、こんな状態になるまで

心を追いこんで、それでも続ける価値のあることですか?

いまならまだ間に合います。

「忙」という字が「心を亡くす」と書く意味を

真剣に考えてみましょう。

                     著者不明

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム