世の中で起こることはすべて中立

目の前に起きていることが宇宙の一部であること

「悲劇」や「不幸」があるわけでなく

現象は中立であることが分かると恨まないようになる

敵意を持っている間は社会は味方になってくれない

この世の中で起こることは全て中立で「いいこと」も

「悪いこと」もありません。あるのは解釈の違いだけです

起こったことを肯定的に評価できる人はそれを教訓や

試練と考え、起きた現象に対して「感謝の気持ち」を

持つことができます

その結果「感謝」され「喜ばれる」人になることができます

逆に起きたことを否定的にとらえる人は「つまらない」

「不愉快だ」「くやしい」「苦しい」「つらい」「悲しい」

「頭にきた」と批判の感情にとらわれてしまいます

その状態が継続的になると「呪う」「憎む」「妬む」「そねむ」

など人や社会に憎悪を向けるようになります

その結果何一つ事態はいい方向に向かいません

たとえば、いくら自分が思っても相手がそれに応えてくれない

と嘆いているとします

しかし、いくら相手に不満を抱いても何も変わっていきません

「自分はその人を思っている。その人が幸せなってくれるなら

自分はどうでもいい」と相手中心の思いに移行したとき

背中を向けて離れようとしていた人が急にこちらを

向き、近寄ってくることもあるのです。

                      著者不明

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム

院長プロフィール

奄美大島名瀬のゆがみ改善専門の整体院「わかば整体院」| 院長 榮 純也

院長 榮 純也

国家資格:柔道整復師
民間資格:整体師-カイロプラクター

症状別ページ

営業日カレンダー