幸せの語源

お互いが喜んでしてあげ合う

「なしあわせ」=「為し合わせ」の状態が

「幸せ」の語源だった

「幸せ」という言葉の語源は「為し合わせ」です

相手を喜ばせるような行動を”為し合う”ことによって

お互いに「ありがたい」という気持ちを感じることが

究極の幸せであるようです。

人生を列車に例えると、左右を見渡せばきれいなお花畑が

広がっていてたくさんのおいしそうな料理が並んでいます

取り放題、食べ放題で、左右どちらに降りても

状況は一緒です。

そこには自分の名前が書かれた、自分の身長と同じくらいの

長さのお箸がおいてあります。当然料理を食べることができません

そこで線路の左側をみれば、自分のお箸で何とか口に

料理を運ぼうとして、うまくいかずにお腹をすかせてる

人たちがいます

一方で線路の右側を見ればお互いにお箸を使って

誰かに料理を食べさせることで、みんなが幸せそうな笑顔で

「おいしいね、ありがとう」と言っている・・・・。

一般的には左側の世界を「地獄」と呼び

右側の世界を「天国」と呼んでいますが

要は「為し合わせ」によって幸せを感じられる生き方を

しているかどうかの違いだけではないでしょうか。

いま、列車の中にいるあなたはどちらの生き方を選ぶのでしょうか。

                         著者不明

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム

院長プロフィール

奄美大島名瀬のゆがみ改善専門の整体院「わかば整体院」| 院長 榮 純也

院長 榮 純也

国家資格:柔道整復師
民間資格:整体師-カイロプラクター

症状別ページ

営業日カレンダー