top of page

おかげさま

 
自分が「たいしたものだ」とおもっているのに

さほどの評価を得られないと人は落ち込む

自分が「たいしたものじゃない」「ろくなものじゃない」

「ちゃんとしたものじゃない」と思えたら

楽に生きることができる

 

自分が「たいしたのもだ」と思っているのに

評価されなかったら人は落ち込みます

逆に「たいしたものだ。素晴らしい」という賞賛を浴びると

有頂天になります。

これらの感情がおこるのは

同じ心の状態が精神の起伏をつくっているから

自分を「たいしたものである」「ちゃんとしたものである」

と思うところから始まっているからではないでしょうか

ちゃんとした人いろんなことがきちんと全部できる人は

たぶん「正しい人」なのだと思います

しかし、人間は、不完全で、不十分で未熟な存在です

それを認めてしまえば自分は「たいしたものじゃない」

「ちゃんとしたものじゃない」と思うことができます

他人から「たいしたものじゃないね」と言われても

「本当にそうなんです」と笑顔で答えられます

自分は「たいしたもの」ではないと思い定めることが

「謙虚さ」であり、感謝の気持ちを持っているということです

すべては「神様」「仏様」「守護霊」「友人」「知人」「家族」

「自分の体」の「八者」のおかげさまのちからによるものだという

事に気づけば楽に生きていけるのではないでしょうか

                       著者不明

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

院長プロフィール

奄美大島名瀬のゆがみ改善専門の整体院「わかば整体院」

院長 榮 純也

国家資格:柔道整復師
民間資格:整体師-カイロプラクター

営業日カレンダー

bottom of page