幸せとは感じるもの

2018/09/07

「幸せ」はつかむものでも、なるものでもない

「幸せ」とは「感じる」ものである

「幸せ」は感じた人にのみそこに存在する

感じた人にのみ「幸せ」が生まれるという構造になっている

 

山のあなたの空遠く/「幸」住むと人のいふ。

譩、われひと、尋めゆきて/涙さしぐみ、かへりきぬ。

山のあなたになほ遠く/「幸」住むと人のいふ

 

というカール・ブッセの有名な詩があります。

逆説的ですがこの詩は「幸せ」の心理を言い当てているようです

 

なぜなら私たちは一生懸命「幸せ」を探しにいく

必要はないからです。

「幸せ」はつかむものでもなく、なるものでもない。

そこにあるものに「幸せ」を感じられれば間違いなく

そこに「幸せ」は存在します

 

「では、私が幸せだとおもえばどんな状態でもいいのですか?」

という質問が聞こえてきたそうです

 

答えは、その通り。

 

たとえば、一日中汗をかいて、たくさん仕事をしました

そのあとで冷たい水を一口飲み「あー幸せだ」と思ったら

その瞬間、その人にとってのみ、その「幸せ」が存在します

 

この「幸せ」はみんなにわかるものではありません。

 

ただ一人それを感じる人のみ帰属するのが「幸せ」なのです

 

 

 

 

 

                          著者不明

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

Please reload

院長コラム

Please reload

当院について

院長プロフィール

院長 榮 純也

国家資格:柔道整復師
民間資格:整体師-カイロプラクター

症状別ページ

Please reload

営業日カレンダー