いい考えかた。

自分にとっての恨みや憎しみ呪いの対象であった

相手を許すことで最も「得」をするのは自分

「徳」を身につけるより「許すと得」と考えるほうが得

「人を許す」という意味では、一般には「徳」という

文字がつかわれています。

でも私はあえて「得」という文字で考えてみたいと思います

腹立ちの対象、怒りの対象である相手を仮に「許す」としましょう

その結果いったい何が起こるでしょうか

相手に腹を立てイライラし、とげとげしく攻撃的な態度で

あった自分が「おだやか」になります

本当に「許す」というのは「もう怒っていない」

「腹を立てていない」「ムシャクシャしていない」

「イライラしていない」という心の状態です

「許す」ことで「腹を立てている前の状態」と比べて

よく眠れるようになり食欲も増し、胃や腸が楽になるばかりか

体全体が軽くなってスッキリしてきます。

気持ちのもやもやがとれ、物事が明るく前向きに

とらえられるようになります

そうなれば体からも心からも「病気のもと」がなくなりした

結果的に一番得をするのは相手を許した自分です

「徳」を身に着けるのは簡単ではありませんが

「得」と考えれば人を許すことも簡単なのかもしれません

                        著者不明

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム