生きるとは前を向くこと

人生は後ろ向きにしか理解できないが

前向きにしか生きられない

人生は前向きにしか生きられない。

というか前向きに生きるべきだ

前向きに生きないことは自分の人生をあきらめ、

死んでいることと同じになるだろう

同じ食事をしても前向きに生きる人は

おいしく感じるだろうし、そこから滋味、栄養を多く

吸収する。力をつける。人生はいいなと思う

人間は捨てたもんじゃないと思う。

前向きに生きることを辞めてしまった人は

何を食べてもおいしくなく、文句、不平ばかりで

不健康となる

生きることに何の意味も見出さなくなり、

人と会うのも面白くなくただ、息をしているような

存在となる。

しかし、考えてみよう。それでも人は生きるのだ

何かを期待しているのだ。

天の助けか、人の助けか。

しかし、天も人も前向きに生きる人しか助けないことを

早く知るべきだ。

一日もはやく、少しでも多く、

前向きに活動していきたい。

                  著者 セーレン・オービエ・キルケゴール

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム