運の悪い人

私は運の存在を強く信じている

そしてその運というのは私が学べば学ぶほど

私についてくるのがわかる

運については、人の関心は高く、運がよくなるための

グッズが売れたり、運の指南者も結構いたりする

が、結局運というのはジェファーソンが述べるように

学び続ける人、向上し続ける人、工夫し続ける人に

最も訪れてくるというのが正解なのである

本人は何もしないで”ラッキーカラー”を身にまとい

”幸運の財布”を持っていても、何一つ自分自身の成長はなく

小さなことに一喜一憂するだけの人間となってしまう

おそれがある。

ただ、自分は強運な人間だと信じ込むことは

有意義だろう

なぜなら、これだけ前向きに仕事にも勉強にも

取り組む人間だからと、自分に言い聞かせる一つの

よい手段となるからだ。

サミュエル・スマイルズも「自助論」のなかで断言する

「幸運の女神はわれわれ人間ほど盲目ではない。

現実の人生を見ればわかるだろう。腕の良い航海士にはいつも

風邪や波が味方するのと同じように幸運にも常に

勤勉な人間の肩をもつのである」

              著者 トーマス・ジェファーソン

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム