仕事はたのしんでやるもの

仕事の喜びを知る秘訣は、

たった一つの言葉で言い表すことができる

それは、

「よい仕事をするためにはそれを”楽しんで”

やることだと知ることである」

そもそも仕事というものは、人間が生きていくために

もとめられる役割分担であったろう。

その役割分担は義務であったが

仕事の成果がよく出ることで人が喜んでくれるのを見ると

とてもうれしく思えるようになった

そうしているうちに、人は仕事を知れば知るほど

できればできるほど好きになりますます励んでいこうとする

こうなると、次には仕事こそ生きがいであり

人生の楽しみであるという境地にいく人間も多く出てくる

楽しみながら仕事をすることで最高の成果を生み

それが人生の最高の価値となるという善の循環ができあがる

ノーベル賞を受賞した江崎玲於奈博士は

「学問を知っている人は学問を愛する人に及ばない」

と述べている。

これは次の論語の孔子の言葉をもじったものだろう

「子曰く、これを知るものはこれを好むものに及ばない

これを好むものは、これを楽しむものに及ばない」

学問だけでなく、すべての仕事において楽しむことが

一番である。

                著者 パール・バック

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム