人間は考え、仕事し、悩み、改善するところに価値がある

2018/12/04

満足した豚であるよりも

不満足な人間のほうがよく

満足した愚か者よりも

不満足なソクラテスがよい

 

 

ミルのこの有名な言葉から私は、論語の中で孔子が

まるで「最低!」とののしっているような人間のタイプを

連想してしまう

 

孔子は次のように言う

「孔子曰く、ただ腹いっぱい食べることして

頭を使わず、何も考えることもしないようなものは

どうしようもない人間というしかない。儲けごとをして

遊ぶほうがなにも考えないという人間よりましだろう」

 

ただ、孔子の最後の言葉は現代の日本において

少し変えなくてはいけないだろう

 

生活保護を受けつつ、朝10時からパチンコ屋に並び

一日中パチンコをして暮らす者もいるという

 

万が一これが本当に”日本人”であれば神話時代から

仕事をすることを尊び感じてきたよき伝統を

壊すものである

 

日本人はたとえ”不満足なソクラテス”であろうが

仕事に対しては前向きに捉えなにかしらやろう

工夫していこうという生き方をする

 

そういうソクラテス型人間こそ社会の財産である

 

 

 

            著者 ジョン・スチュワート・ミル

 

 

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Please reload

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

Please reload

院長コラム

Please reload

当院について

院長プロフィール

院長 榮 純也

国家資格:柔道整復師
民間資格:整体師-カイロプラクター

症状別ページ

Please reload

営業日カレンダー