人生の意味を考える

私たちは、三つの異なった方法で人生の意味を

発見することができる。

それは

1、よいことをすることによって

2、価値のある体験によって

3、苦しむことによって

の三つである

精神科医としても著名だったフランクルが

ナチスによる強制収容体験をもとにして著した

「夜と霧」は世界中で読み継がれる大ベストセラーだ

そのフランクルが人生の意味を考え抜いて三つで

考えよと提唱する言葉は意義深い

フランクルによると、三つのことで人は

自分を成長させ本当の人生の意味を発見するという

一つ目はよい行いをしてみよ、という。

人に良いことをすることで、人に喜ばれ自分も喜ぶ

事が分かるだろう。生きている喜びになる

二つ目は価値のある経験をしてみよ、という。

社会に役立つ仕事に従事し、立派な人たちにも

評価されるようなことだ。人生が充実する。

三つ目はフランクルが極限の苦しみの中で悟った

ことからでてくる。

人間は苦しむこと、苦難の中からしかわからないもの

つかめないものもあるということだ。

あくまでも、人生を前向きに捉え、真の幸福と喜びを

求めよというフランクルのメセージであろう。

               著者 ビクトル・フランクル

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム