毎日が挑戦

どんな人でも、少なくとも一日一つ

自分には難しいと思えることに挑戦し

それをやり抜かないかぎり

人としてたいした成長はできない

人生は挑戦することに面白味がある

そして、毎日挑戦する人がいわゆる使える人、

できる人、ことを成し遂げていく人になる

なぜなら挑戦する人は現状に甘んじていれば

自分の成長も自分の未来も大したことがないと

よくわかっているからだ

反対に、できない人、使えない人、伸びない人は

自分の現状を変えようとか、自分の能力を向上させたい

とか思わない。

いかに楽をして生きていこうかということを考えるために

新しい目標や難しい目標に挑戦することはしないのだ

こうしているうちに、挑戦しない人は時代にも

周りにも取り残され、ただ他人の好意に助けられて

生きている人になってしまうのだ

エルバート・ハバードは毎日挑戦する人を力強く応援する

こういう人こそが自分の人生を充実させられる人であり

社会の宝物であるとみているのである

             著者 エルバート・ハバード

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム