当事者意識を持つ

傍観者はダメである

どんな仕事でも当事者になる事が肝心である

当事者意識とは、すべて自分の問題として

捉えられることである。

この当事者意識を持てる人かどうかが、いわゆる

世の中で役に立つ人かどうかも分ける

当事者意識も持てない人がいる。

これは楽だ。しかし、生きている意味があまりない

全ての人のがんばりや行動の結果のおこぼれで生きていこう

という、さもしい心情の人なのだ

同じように失敗についてだが、カーライルは次のように言う

「失敗の最たるものは、何一つそれを自覚しないことである」

本当に自覚のない人と意識的にというか自分から

自覚のないように距離をとる人がいる

実にもったいない人生である

人生は自分のものである。そこに傍観者でいることは

何ともったいないことか。

                著者 藤田田

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム