20代からぶっ飛ばせ!

魂のこもった青春は

そう安易に滅んでしまうものではない。

人生は一度しかないのだ。

20代からぶっ飛ばして、自分のやりたいことに

思いきり、魂を込めて、元気いっぱいに挑戦すべきだ

これが財産になるのだ。

そして次にやることが「自分はコツコツと何をすべきかを

見ていく」ということである

ハンス・カロッサの逸話がある。

カロッサは第一次大戦に出征する直前、尊敬する詩人

リルケに会いに行く

カロッサはリルケが何か神秘的な雰囲気と天才的な

詩のひらめきでもって詩作にふけるものと信じていたが

会ってみると、まるで工房に入って仕事をする職人の

様な態度で試作しているらしいので、驚嘆する

事務的に日課を果たすような詩人の姿。

カロッサは驚きと励ましの気持ちを得て、

リルケの家を辞したという。

これは、それまでのカロッサの魂のこもった生き方があって

それが自分に大きく残り次においてやるべき道が

見えてきたということではないか。

             著者  ハンス・カロッサ

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

お知らせ

院長コラム