top of page

夫婦関係

 
「夫が砥石」「妻が砥石」「子供が砥石」

「砥石」が一つできたことで

「私」という人格は磨かれる

 

親子関係や夫婦関係の相談を受ける時

私はよく「砥石」という言葉を使います

最近は知らない人もいるでしょうが、砥石とは

刃物を磨く石のことです

結婚とは「夫という名の砥石」あるいは「妻という名の砥石」

を手に入れたということでもあります

夫婦という名の共同生活では食べ物の甘い、辛いという

感覚さえ同じということはありません

温度が何度の時に暑くて、何度の時に寒いかというのも

夫婦の間で違っていることがあります

これらの一つ一つの感覚を少しずつ相手のそばに

近づけていくお互いに「砥石」となって研ぎあい、

磨きあっていくのが”夫婦”という関係ではないでしょうか

「子供ができる」ということもやはり一つの「砥石」を

手に入れる事です

たとえば子供に対して怒ったりイライラしたりすれば

子供はそのように”刷りこみ”をされ親の真似をして育っていきます

そうしないために親が「どんな時でも怒ったり怒鳴ったりせず

笑顔で話すように」と自分自身を磨いて”人格者”になれば

子供も呼応して”人格者”になります

親子の間でも「お互いに砥石である」という関係は成り立って

いるように思います

                     著者不明

アクセス

〒894-0006 鹿児島県奄美市名瀬小浜町2−1

午前9:30~午後1:00まで受付

午後3:00~午後7:30まで受付

※日曜・祝日午後6:30まで受付

​※月曜のみ休診

院長プロフィール

奄美大島名瀬のゆがみ改善専門の整体院「わかば整体院」

院長 榮 純也

国家資格:柔道整復師
民間資格:整体師-カイロプラクター

営業日カレンダー

bottom of page